就職先に求めるモノは明確になっていますか?

  • 転職をする際に以外と多いのが、現職への不満が募って・・・というもの。

    そういった理由での転職の際には、現職の嫌なところばかりに意識が行ってしまい、現職の良いところを考えることを忘れてしまいがちです。

    人生を左右するかもしれない転職だからこそ、転職後に絶対に後悔しないように、勢いだけで決めるのではなく、

    かならず、「現職のどこが不満なのか?」をひとつひとつ明確にすると同時に、 「現職の良かったところ」もきちんと明確にすることが大切です。

    それらを踏まえて、 次の職場に求める条件を、優先順位を付けて箇条書きにしておくと良いですよ。

    カイゴジョブ申込み

    介護職求人

ケアマネージャーの就職・転職先を探す方法は?

  • 山梨県ヘルパーの求職をする場合、学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

    卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報を聞き職場を選ぶよい材料になります。

    実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。

    どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

    実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることもあります。
    求人
    すでに、卒業している人や転職でケアマネージャーの求職をする場合は、ハローワークや福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

    ハローワークでは、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

    福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

    ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

    職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

    最近は、インターネットで求人を探す方が増えています。

    インターネットで求人を探すメリットは、『無料』で『あなたの就労条件』を聞き『未公開の多数の求人を紹介』してくれて『面接の準備』から『就職後のケアー』まで、責任を持ってサポートしてくれるところです。

    求人登録

介護職員とケアマネージャーの確保

少子高齢化社会が問題とされている現在ですが、それに伴い介護に対する問題も増えてきています。

夫婦共働きの家庭が増える中で、家にご老人を1人で置いておくというのは不安が残りますよね。

1人暮らしの老人も増え、孤独死などの問題も増えてきています。

そうした問題が増えてくる中、各都道府県では介護施設を多く建設しています。

介護職員の人材不足も叫ばれていますが、ケアマネージャーの求人も施設の増加に伴い増えていっています。

施設が増えるのはいいことなのですが、介護職員はもちろん、その利用の架け橋となるケアマネージャーも必要とされています。

介護福祉施設では介護職員の求人と並行し、ケアマネージャー求人にも力を入れているわけです。

これから高齢化がますます進む中、介護福祉施設の増設だけでなく、介護職員、ケアマネージャーの確保とまだまだ課題が残されているようです。

逆をいえば、その方面の仕事を目指している方には、今後活躍の場が増えるということになります。

この機会に介護員、ケアマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。

介護士パート求人から読み取れること

介護士パート求人に限らず仕事を探す場合には、ネットで求人サイトを調べたり、ハローワークや求人誌などを見て探すという場合が多いですよね。

フリーペーパーや新聞の求人欄をご覧になる方も多いかも知れません。

それらを見ていると、何度も同じ施設や会社などの求人が出ている場合がありませんか?

「これ前もここの求人が出ていた」と日付が過ぎても頻繁に求人募集がされている場合は、その施設などでの離職率が高い可能性もあるようです。

現在、介護職員はどこも人材が不足している状態ですので、資格が無くても働けるという所も少なくありません。

いわゆる「売り手市場」という状態ですから、求人ニーズの方が高い状況で、転職回数が多くても仕事が見つかる状況なんだそうです。


介護職で勤務するという場合、これからも介護施設などで仕事を続けていこうと考えている場合には、介護職員初任者研修を持っている方が良いですね。

またゆくゆくは正社員になりたいという場合には、介護福祉士の資格を持っていると転職などにも有利になってきます。

実際、介護スタッフとして働きつつ、資格取得のための勉強をされている方も多いです。


このページの先頭へ